2012年2月24日金曜日

やっと釣りのお話・・・ その2

しかし・・・ 釣りってのは面白いもので、釣れないと悔しい訳です。
あまりにも悔しいので、毎日枕を涙で濡らす程だったのですが、泣き寝入りをしても魚は釣れません。

情報は今でこそインターネットでちょちょいのちょいって感じですけど、当時はそんな便利な物はありません。
そこで、大学の図書館に行く訳ですよ。

しかし・・・ 大学の図書館ってのは殺風景なものです。特に海外の図書館ってのは。
背表紙は黒か茶色か深緑。そこに金文字で書籍名があるのですが・・・ とにかく難解な訳です。
(そう言えば、授業で図書館の使い方ってのがありましたねぇ・・・ それも単位に入るんですから、図書館の使い方も1つの学問なんでしょうねぇ)

とりあえずは、目ぼしい本を数冊抱えて机で読み始める訳ですが・・・ はぁ・・・全くチンプンカンプン。どうやら、鱒の学術書の様です。まぁ、鱒ってのがどんな生物なのかは判りましたが、釣り方は書いてありません。(そりゃ、そうだろう)
そんな感じで数冊読んでしまいましたが、判ったのは「鱒の生態」「渓流のしくみ」「ナンパの心理学」(?)と、全くの空振りだった訳です。

釣れない理由を考えると、次に到達するのが・・・「道具」のせいにする訳です。
これでも純粋な少年の頃から、釣りはしていた訳ですから、それなりに知識はある訳です。

再び、例のマッチョなお兄さんのいるホームセンターに突撃です。

とりあえずは、竿とリールはそんなに悪い物では無かったので、道糸(ライン)と針を探します。が・・・ あるのはゴツイ、不器用専用みたいな物ばかり。
今回も勇気を出して、例のお兄さんに助言を求めようと探しすがお休みのようで、金髪のお姉ちゃんしかおりません。おそるおそる聞いてみると・・・
「あの池じゃ、釣れないわよ。」と一蹴。どうやら、季節に一時的に鱒を放流しているだけらしく、釣れるのは放流直後だけとの事。

すかさず、電話番号・・・いや、釣れる所を聞くとすぐに教えてくれました。(ついでに電話番号を聞いたのは、今でも秘密ですが・・・)
もののついでに、専門店まで教えてもらい、今までの苦労はなんだったんだろうと、再び悔し涙で枕を濡らす事になった訳です。

さてさて、次の日授業が終わると、即そのお店に行ってみます。町外れの一角にポツンとあるのですが、とにかく汚い。いや、古めかしい。
最近は客が来ていないんじゃないかと思うくらいでしたよ。

とにかく、突撃だとドアを開けてみると・・・ うん? 綺麗だ。
そうなんですよ。中は整然としていかにもアウトドアショップ!と言う雰囲気満々です。最初からここに来ればよかった。

店のオヤジに、「鱒はどこで釣れる?」と聞くと、「馬鹿野郎、魚が釣れる場所を教えたら、俺が釣れなくなるじゃねぇか」と大笑いされる始末。と、笑いながら壁を指差す訳ですが・・・
はぁ、ちゃんと地図が貼り付けてあって、どこで何がどのくらい釣れると書いてある訳です。(やるなオヤジ・・・)
それを暗記して、今度は仕掛けを探す訳ですが・・・ 「GAMAKATSU」・・・「SHIMANO」・・・ おおおお、日本の製品が沢山あるじゃないですか!
針もちゃんと売ってます。(但し、埃だらけでしたが・・・ 聞くとこんな小さい針に結べるか!とオヤジが吠えておりましたので、クルクルと外掛け結びを披露すると至って感動しておりましたね)

まぁ、ラインの太さは号数じゃなくて、ポンド表示とか、全く日本と同じって訳にはいきませんけど、とりあえずは「まとも」な物が手に入った訳です。(多分)
これで、鱒沼じゃなくて、泥沼へと進む事になった訳であります・・・

2012年2月23日木曜日

やっと釣りのお話・・・

ええ、釣りです。
私にとって釣りは、楽しみではありませんよ。はっきり言って、魚を食べるための手段です。
まだあどけない少年の頃は、近くの公園のため池で友人を小鮒とかクチボソを釣っていたんですけどねぇ・・・

釣り人生を変えたのは大学の頃。
はい、日本で悪さをして海外に高飛びせざるを得なくなり、アメリカに逃げたのはいいのですが、さすが狩猟民族国家。スーパーに鮮魚なんて売っちゃいませんよ。
あるのは得体の知れない魚のフライ・・・
そう、旨い魚を食べたいと思ったら、自分で釣るしかない訳です。と、言っても渓流の虹鱒くらいしか思いつかないんですけどねぇ・・・

まずは、釣具を揃えます。

近くのホームセンターの様な所に行けば、見飽きる程に並んでます。安いのは何やらキャラクターのプリントがされている釣具のセットから、値段を付け間違えているんじゃないかと思う様な、超高級な物まで揃っている訳です。

学生の身分ですから、そんな高級な物は買えません。竿にリールに錘とか針とか小物がパックになったセット物を購入します。

しかし、難関はこれだけではないのです。

なんとアメリカでは釣りをするのにライセンス(許可証)が必要なんですね。レジでマッチョなお兄さんがオネエ言葉で丁寧に教えてくれました。(多分、外人で知らねぇだろうなってんで教えてくれたんでしょうけど、もちろん英語ですけどね)

ライセンスと言っても、試験がある訳じゃありません。入漁許可証の様なもんです。年間10ドルくらいだったか払うと厚紙で出来た簡単な手帳をくれる訳です。

さぁ、道具もライセンスも買った訳です。

気分は釣り場に直行!と言いたいのですが、どこで釣れるか判りません。

今みたいにインターネットなんかない時代ですから、人に聞くしかない訳です。そこで、レジのマッチョなお兄さんに・・・「どこに行けば釣れる?」と聞くと、にっこり笑って地図をくれました。(ついでに電話番号まで貰ったのは、いまだに内緒ですが・・・)

車を走らせる事、30分くらいでデカイ池に到着です。

ちゃんと建て看板があって、「トラウト・ポンド」(鱒池)とある訳です。ふむ・・・

とりあえずは、純粋な子供の頃にやっていた様に、仕掛けを作ります。が・・・! 
違うんですよ。アメリカの場合。針のチモト(おしりの平たくなっている所ね)に、なんとアイがあるじゃないですか!

つまりは、内掛け結びとか必要ないんです。(まぁ、超不器用なヤンキーですから、当たり前なんですけどねぇ) 噛み潰しの錘もどうみたって、日本のナス型の1号くらいの大きさです。

ラインなんか極太の3号くらいですよ。ウキに到っては、バネで糸に引っ掛ける様な代物。
とにかく仕掛けがゴツイ!

まぁ、呆れながらも形にして餌をつける訳ですが、ここはやはりイクラです。

なんと瓶詰めで売っているんですねぇ・・・ (こっそり口に入れてみましたが、甘いんです。砂糖漬けなんしょうねぇ・・・)

とりあえずはそのゴツイ仕掛けをリール竿にセットして、ポンと投げる訳です。まぁ、投げウキ釣りですね。

釣果は・・・0。 ハイ、0匹です。 付けた餌は甘かったのですが、世の中そんなに甘くはない訳です。 悔しい訳ですよ。なんで魚ごときに馬鹿にされなきゃならんのか!とですねぇ・・・

そこから、泥沼の様な釣り人生がスタートした訳です。

2012年2月21日火曜日

ネットラジオ・・・

世の中は随分と便利になりまして、昔は肩から掛けていた携帯電話も、今じゃ手のひらサイズのコンピューターの様なスマホに進化していった訳です。


さて、この私もスマホユーザーなのでありますが、これがなかなか便利なもので、手のひらの上で会社の仕事まで出来てしまう訳です。


その優秀なスマホでも、最近のお気に入りは、「ネットラジオ」。要はインターネットで配信されているラジオや短波放送を聴いてしまうと言うアプリなんですねぇ・・・


もちろん、数秒の遅れがありますが別に時報を聞く訳でもありませんから十分です。


さて、地下鉄を使って通勤をしているのですが、実際の使い勝手はと言うと・・・
ううう・・・ん、微妙ですねぇ・・・ 駅だと回線があるので聞く事が出来るのですが、走行中は予めセットしておいたバッファ時間(要は予めデータを貯めておく訳ね)分で終了。


まぁ、駅の間が3分以上もある所はそんなにはないのですが、朝の通勤ラッシュ。皆さん手元でスマホをグリグリ。一度回線が切れるとつながるのは至難の業なのであります。


そんな訳で、今日の帰りの電車の中でラジオを聴いて帰る訳であります・・・

2012年2月20日月曜日

ボールペン・・・

たかが筆記用具、されど筆記用具
普段、職場や学校で使う筆記用具の話です。

さて・・・私、筆記用具、好きです。 

常に「面白い」物はないかと物色しているのですが、最近はコレ!と言うのはありませんねぇ・・・
別にファンシーであるとか、機能的であるとか、そんなのはどうでも良いのです。

文字を書くと言う行為を満たしてくれればいい訳ですが・・・ ただ書ければいいってもんでもない訳です。

例えば、ボールペン。
100均で売っている1袋100円で20本も入っているボールペン。1本あたりの単価は、5円ですよ。
それが「文字を書くと言う行為」を満たしてくれるかと言うと・・・ねぇ・・・

何か、これと言うのがあれば忘れた頃に紹介します。

2012年2月19日日曜日

休日の午後・・・

そろそろ、暖かくなろうとしている訳ですが・・・

そんな休日の午後は、釣りの仕掛けについて研究をしたりしている訳です。(ペットボトルのジャスミン茶を飲みながら・・・)

さて、なんでこのクソ寒い最中から研究をするのか?(気分だけでもねぇ・・・)

そんな訳で、今年こそは鯵大漁!と絶叫したい訳です。(去年は散々な結果でしたからねぇ・・・ あきらめて船に乗れば良かったのですけど・・・)

と、言う訳で「あぁ」でもない「こう」でもないとブチブチいいなから、考えている訳です。

2012年2月17日金曜日

そろそろ、春の足音が・・・

そろそろ、鯛の季節ですねぇ・・・

カレンダーを眺めては、この週か? いや、潮は次の週がいいな・・・ でも、お仕事かぁ・・・
なんて、やっております。

鯛は子供の頃に、船で連れて行ってもらったくらいなんで、いつかは自分でと思っている訳なんです。

その頃は、竿なんかじゃなくて、直接仕掛けを持っての釣りですからねぇ。まぁ、色々釣れて楽しかった訳ですよ。

最近はって言うと、色々な釣り方がある様で、昔ながらのビシ釣りから、カブラだのインチクだの多彩な訳であります。
まぁ、どの釣り方でもいいのですが・・・ ボウズだけは避けたい訳です。

まぁ、そんな事を考えてカレンダーを眺めてはため息をついている、最近なのであります。

2012年2月16日木曜日

やっと、再開?

ブログをやると言う事は、それなりに環境が揃っていないと駄目な訳です。

例えば・・・

時間であったり

ネタであったり

タイミングであったり

もちろん、インターネットにつなげるコンピューターも必要だったりする訳です。
スマホでやれば?と言う意見もありますけどね、あんな小さい画面でチマチマやってられない訳ですよ。

さて、ネタ探し、ネタ探し・・・

2012年2月2日木曜日

いまさらブログなんて・・・

そうなんですよ。
まぁ、大して更新はしないとは思うんですけどね。

気長に見てください。