2013年1月15日火曜日

2013年 初釣り! 大津湾にて・・・


週末、12日に大津湾へ2013年初釣りに出掛けました!

思い立ったのは、金曜の夜。何気に天気図を見ていましたら、風もそんなに強くなく波も高くない。それに天気が良ければ、初釣りだ!といきなり思い立ってしまったのであります。

でもって、当日。 到着したのは7時丁度。まぁ出遅れかなとは思いますが、バタバタが嫌なので丁度良い感じです。 思った通り、風は北寄り1~2mくらい。波も立っておりません。ただし・・・ 気を付けないといけないのが、昼から南西の風に変わる事。この地域はこの風は危険です。風向きが変わったら即帰港しないと、エライ目にあいますからねぇ・・・

今回のポイントは5枚目手前。 5枚目の沖側は結構な賑わいですが、撤収を考えると大変なので、手前にアンカリングです。

道具立て:
安い舟竿、210-30 (コイツが問題児だったのです・・・) 
道糸 PE2号 オモリ30号
バカットカゴM
白スキンサビキ 鯵10号 枝ス 3号

至って標準的なのですが・・・ 白スキン・・・ そうなんです。ピンクスキンサビキを忘れて来てしまっていたんです。 気が付いたのは沖に出てから・・・ 幸先悪いスタートです。

まぁ、それはそれで気を取り直して、仕掛け投入です。 ポチャンと海に消えて行きます。 そんなのを15分くらいやっていた時に事件が起きました。

コマセが無くなったので、巻き上げるのですが、妙な感触なんです。落とす時はスルスルと行くのですが、巻き上げの時は、何か引っ掛かる感触があるのです。どこかのガイドが痛んでいるのかなと思い、仕掛けを巻ききった時です。

ポチャ・・・

ん? 何もしていないのに仕掛けが落ちって行ったぞ・・・ ん? ん?・・・
おわぁ! 高切れかよぉ! 叫んでしまいましたよ・・・ 海の中に消えて行く仕掛け・・・ おいおいおい。 ここで海の女神様が出てきて、貴方の落とした仕掛けは金の仕掛けですが? それとも銀の仕掛けですか? と助けてくれそうもありません。

泣く泣く、原因を探ろうとガイドを順に見ると・・・ 上から3番目のガイドが割れているじゃないです。 それもガイドの輪をスライスするようにですよ・・・ そのエッジは様に刃物。 PEラインがばっさり切れる訳ですよ。 このままこの竿を続投すると、また高切れするのは確実です。 仕方なしに予備の竿に変更します。更にラインも恐らく傷がついただろうと思われる部分20mくらいカットです。

しかし、困った事にサビキカゴの予備がありません。あるのはビシカゴ1つ。サビキもあと2セットのみ(それも白スキンだけ)。 付け餌なんかありませんから、ビシ釣りに変更も出来ない状況に・・・・これは最悪の事態です。

ここで諦める訳には行きませんから、下カゴサビキに仕掛けを組み替えます。 幸いビシカゴのオモリは30号ですから、丁度良いのですが、ボート釣りで下カゴサビキなんかやった事ありません。 理論的にはOKなのは判っているんですけど・・・

まぁ、気を取り直して釣り続行です。 が、もう心が折れてしまっているのでダメダメですね・・・

結局、ちょこちょこっと釣れたのですが・・・ 気が付けば2時ですよ。 はたと風が止まっているのに気が付いたのですが・・・ これは風向きが変わると帰り支度を始めると・・・ 急に風が強く吹き出しました。 あとは撤収であります。

はい・・・ 2013年の初釣りは、結局ドタバタで終了です。まぁ、ボウズだけは逃れましたので、これで良しでしょうかw


<本日の釣果>
マサバ 30cm 1匹
アジ  20cm 2匹
ウルメイワシ 10~12cm 5匹
ウミタナゴ 多数 (放流!)

<本日の料理>
〆サバ 鯵のたたき イワシの刺身



0 件のコメント:

コメントを投稿